歴春うぇぶBooks アカウント情報  カートを見る  レジに進む  
  トップ » カタログ » 史料・全集 » アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
ムック (7)
注目の書籍 (18)
新刊案内 (9)
児童書 (20)
定期刊行物 (35)
自然 (11)
写真集・美術書 (7)
趣味・観光・食べ物 (19)
白虎隊・戊辰戦争 (11)
民俗・文学 (41)
歴史読物 (74)
史料・全集 (39)
歴春ふくしま文庫 (40)
歴春ブックレット (22)
その他 (9)
メーカー
新着商品 全商品表示
会津文芸 第7号
会津文芸 第7号
1,430円
(本体価格 1,300円)
商品検索
 
キーワードを入力して商品を探せます
詳細検索
インフォメーション
書籍購入方法
プライバシーについて
特定商取引の表示
総額表示について
お問い合わせ
高橋富雄東北学論集 地方からの日本学 第07集 3,143円
(本体価格 2,857円)

第2部 蝦夷論 平泉論 第7集 蝦夷論の基礎(第10回配本)
A5判・上製・ケース入り・432頁

「蝦夷=エビス」という考え。
かつて東北地方は長く蝦夷(えぞ)と呼ばれてきた。
東北古代史に生涯をかけて研究を積重ねてきた高橋博士の蝦夷論を、この1冊に集大成する!!

目次
はしがき
序説ー古代蝦夷を考えるためにー
  一 あずまの諸定義
  二 あずま天端(あまつま)説の創唱
  三 「あずま」と「ひな」
  四 吾妻はやと東国
  五 東国とあずま
  六 毛野(けぬ)祖王物語 ヤマトタケル物語
  七 毛野(けぬ)国と毛人(けひと)
  八 毛国・毛人の言語学的考証
  九 日高見国の解釈
  十 常陸国の古伝承
 十一 景行紀と『常陸国風土記』
 十二 常陸日高見 陸奥日高見
 十三 二つの陸奥日高見国
 十四 日高見国と日高見水神
 十五 日高見から日の本へ
 十六 大倭日高見之国(おおやまとひたかみのくに)
 十七 ヤマトの国とエビスの国
 十八 日高見日本国 ヤマト日本国
 十九 陸奥国 越(こし)国 出羽国
 二十 渡嶋津軽津司(わたりしまつがるのつし)
二十一 斉明紀 景行紀 倭王武上表文
二十二 ツガルとナガレ
二十三 アラエビス ニギエビス
二十四 エビスからエゾへ
二十五 伊治公呰麻呂(いじのきみあざまろ)
二十六 伊治公(いじのきみ)と遠田公(とおだのきみ)
二十七 夷語と蝦夷訳語(おさ)人
二十八 狄馬(てきば)の問題提起
二十九 歴史民族としてのエビス
三十  元慶の乱ー歴史の分かれー
三十一 エゾとアイヌ


この商品は 2008年 11月 18日 にカタログに登録されました。

レビューを読む

ショッピングカート 全商品表示
カートは空です...
メーカー情報
歴史春秋出版社
歴史春秋出版社 ホームページ
その他の商品
E-Mailでお知らせ 全商品表示
お知らせの設定高橋富雄東北学論集 地方からの日本学 第07集の最新情報を知らせて!
友達に知らせる
 
この商品のURLを友達にメールする
レビュー 全商品表示
レビューを書くこの商品についてのレビューを書きませんか?

Copyright © 2005- 歴史春秋社出版株式会社
Powered by osCommerce