歴春うぇぶBooks アカウント情報  カートを見る  レジに進む  
  トップ » カタログ » 歴春ふくしま文庫 » アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
ムック (7)
注目の書籍 (18)
新刊案内 (9)
児童書 (20)
定期刊行物 (35)
自然 (11)
写真集・美術書 (7)
趣味・観光・食べ物 (19)
白虎隊・戊辰戦争 (11)
民俗・文学 (41)
歴史読物 (74)
史料・全集 (39)
歴春ふくしま文庫 (40)
歴春ブックレット (22)
その他 (9)
メーカー
新着商品 全商品表示
いわき発歳月からの伝言4(こ)
いわき発歳月からの伝言4(こ)
3,300円
(本体価格 3,000円)
商品検索
 
キーワードを入力して商品を探せます
詳細検索
インフォメーション
書籍購入方法
プライバシーについて
特定商取引の表示
総額表示について
お問い合わせ
32 ふくしまの芸能興行 1,320円
(本体価格 1,200円)

橋本今祐
ISBN978-4-897587-606-0
B6版・並製・180頁
【目次】

はじめに

第一部 江戸時代の芸能興行の風姿
一 芝居はいつ、どこで、何が演じられたか
二 白河藩主・松平大和守の歌舞伎踊り
三 若松城下の物真似公許の波紋
四 小名浜領、地芝居奉納の木簡
五 江戸後期の二本松領の芸能興行
六 雅会の盛行と民衆文化

第二部 近代の芸能興行の動向
一 「皇上奉戴」と「勧善懲悪」の厳達
二 興行免許地の制限令
三 開花期の若松県冑村の村芝居
四 「裸体ノ賎業」-民権派議員の議定行動-
五 石川郡小高村の大奉納芝居興行
六 伊達郡三座の興行と経営
七 操り人形の里・田村郡上行合村の芸能興行
八 『明治聞実記』にみる郡山宿の諸興行

第三部 芸能の意義と課題
一 芸能とは何か
二 国家に益なき遊芸
三 定座の開業と大入り興行
四 研究の現状と課題

あとがき
参考文献
写真・資料提供者芳名


この商品は 2012年 10月 02日 にカタログに登録されました。

レビューを読む

この商品を買った人は、こんな商品も買っています
歴春ブックレット信夫2 信夫の里の旧家をたずねて
歴春ブックレット信夫2 信夫の里の旧家をたずねて
ふくしまの文化財【会津編】
ふくしまの文化財【会津編】
会津人群像 第04号
会津人群像 第04号
39 ふくしまの冠婚葬祭
39 ふくしまの冠婚葬祭
会津の郷土料理 改訂新版
会津の郷土料理 改訂新版
45 ふくしまの市と市神
45 ふくしまの市と市神
ショッピングカート 全商品表示
カートは空です...
メーカー情報
歴史春秋出版社
歴史春秋出版社 ホームページ
その他の商品
E-Mailでお知らせ 全商品表示
お知らせの設定32 ふくしまの芸能興行の最新情報を知らせて!
友達に知らせる
 
この商品のURLを友達にメールする
レビュー 全商品表示
レビューを書くこの商品についてのレビューを書きませんか?

Copyright © 2005- 歴史春秋社出版株式会社
Powered by osCommerce